会員各位

2015年(平成27年)4月吉日

 

「 金融システム研究会 」新事務局よりの御挨拶

 

 拝啓、時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は「金融システム研究会」の諸活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、私ども「金融システム研究会」は1988年(昭和63年)、株式会社金融システム総合研究所の設立に伴いその中核的事業として発足し、定例会研究会の開催及び、その内容を取りまとめ編集した小冊子の発刊、並びに「金融情報セミナー」の開催など、会員の皆様のお役に立つ情報収集の場としての役割を果たしてまいりました。
  この度、株式会社金融システム総合研究所は2015年(平成27年)3月末日をもちまして業務を終了することとなり、その事業の一つでありました「金融システム研究会」は同じグループ会社の株式会社金財情報システムに引き継がれることとなりました。これまでの皆様のご理解とご協力に改めて感謝申し上げる次第であります。
  今後、金融機関のIT投資は、より一層厳選された分野に絞られていくものと思われます。これは、金融機関にとって経営管理と顧客サービスの両面でさらなるITの有効活用が求められるものとなり、その巧拙がビジネス展開の優劣にもつながるものと思われます 当研究会は以上のような実績を踏まえつつ、金融機関にとって永遠のテーマともいえる事務・業務の効率化はもちろん、統合リスク管理の強化、IFRS対応、AML(アンチマネーロンダリング)の対応、内部統制の定着化など、多面的角度から幅広くシステム関連のテーマを採り上げていく予定であり、システム部門のみならず、経営、企画部門のスタッフに対する研修や最新情報の収集の場としてご活用いただけるものと考えております。
  つきましては、引き続き、本研究会の趣旨をご高察の上、「金融システム研究会」に対しまして何卒ご高配賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

《今後のお問い合わせ先》

株式会社 金財情報システム  研究会事務局 担当 馬場・山内
〒160-0007 東京都新宿区荒木町2-3 きんざいセミナーハウス4F
TEL : 03-5366-8805 / FAX : 03-3357-7512

  1. 定例研究会の開催(過去の研究会開催履歴はこちら
    テーマは、金融機関のシステム・IT等に関連する領域から採り上げています。
    講師は、テーマに合わせ、主としてベンダー、シンクタンク、金融機関等の経営企画、業務企画の方々などをお招きしています。
    • 開催時期と会場 :年間8回程度開催予定、東京と大阪、同一テーマで開催します。
    • 参加の方法 : 参加人数に制限はありません。
      ( ただし、会場設備等の都合により、申込人数を限らせていただく場合があります)
    • 講演録の配布 :研究会の講演内容を講演録として編集し、PDFにまとめてお届けします。
  2. 情報提供サービス
    • ウイークリー・ニュース・インデックス 一般紙、専門紙、地方紙などの新聞媒体を中心に、金融機関とITに関する情報をヘッドラインにまとめて毎週お送り致します。
  3. 特別セミナーへの開催(過去の特別セミナー開催履歴はこちら
    開催する「金融システム研究会」「特別セミナー」等については、会員の皆さまは優先的に参加枠をおとりするとともに、特別割引いたします。
  4. 調査・コンサルティングの受託 ご要望により、金融機関の情報システムに関する調査やコンサルティングのご相談に応じます。
    (費用別途)
  5. 今後の提供サービスについて
    • 速記録(冊子)の提供
    • クウォータリーベースにて、ピックアップしたトピックスについての取材資料(メモ)の提供
    • その他